おすすめの産卵箱

めだかの卵の育て方

おすすめの産卵箱

産卵箱にもいろいろあり、
布製やふちかけ式やなかに投げ込むのはあります。

 

布製は枠と、布が分けれていて、
固定するところがあるのですが、
水位が下がりすぎると産卵箱内の
水量も下がってしまいます。
また、目詰まりしやすい。

 

次にふちかけ式、
これは、水槽のふちにかけて使うので
水槽の中に投げ込まないので水槽が狭く
ならないのが魅力です。
私が買ったのは、別途エアーポンプが必要で
エアーレーションで水を入れます。
ただ、下のほうまでは水は入れ替わらずに
死んだ卵や稚魚がたまってしまうので、
こまめに手入れをできる方以外はオススメしません。

 

最後に今使っているのがこれ

 

本当がグッピーなどの産卵に使うものですが、
産卵ケースを外してメダカに使ってます。
水に浮くので水位にあわせて上下します。

 

小さなすりとが入っているので、卵が飛び出ること無く、
最小限の水流は確保されます。
水の入れ替えは産卵箱を持ち上げるだけなので簡単です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る